東証2部(大引け)=2部指数は続伸、高砂鉄、鈴与シンワがS高

31日大引けの東証2部指数は前日比33.30ポイント高の7662.45ポイントと続伸。値上がり銘柄数は249、値下がり銘柄数は139となった。

個別では高砂鐵工<5458>、鈴与シンワート<9360>がストップ高。神島化学工業<4026>、ダイトーケミックス<4366>、日本精鉱<5729>、ヴィスコ・テクノロジーズ<6698>、安楽亭<7562>など10銘柄は年初来高値を更新。セキド<9878>、明治機械<6334>、SIG<4386>、テクノスマート<6246>、黒田精工<7726>は値上がり率上位に買われた。

一方、日創プロニティ<3440>、古林紙工<3944>、DNホールディングス<7377>が年初来安値を更新。リミックスポイント<3825>、東京ソワール<8040>、FRACTALE<3750>、クシム<2345>、サイバーステップ<3810>は値下がり率上位に売られた。

明治、精工、上位、日本、年初、化学、更新、個別、高砂鐵工、lt

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です