東京株式(大引け)=92円高、4日続伸も値下がり銘柄数多く上値に重さ

2日の東京株式市場は、前日の米国株市場が高安まちまちの展開だったものの買い優勢で始まり、途中伸び悩む場面もあったが、後場はプラス圏で売り物を吸収した。

大引けの日経平均株価は前営業日比92円49銭高の2万8543円51銭と4日続伸。東証1部の売買高概算は10億5806万株、売買代金概算は2兆6395億円。値上がり銘柄数は896、対して値下がり銘柄数は1197、変わらずは96銘柄だった。

きょうの東京市場は、前日の米株市場がはっきりしない地合いだったこともあって、強弱観対立のなか方向感の定まりにくい展開となったが、下値は固かった。今週に入ってから日経平均は上値追い歩調を強め、3営業日で800円超の上昇を示していたことから目先利益確定売り圧力も意識された。朝高後は伸び悩み、一時はマイナス圏に沈む場面もあったが、値がさの半導体関連株などが買われ全体指数を支える格好に。一方で国内での新型コロナウイルス感染拡大に伴う内需株への影響も懸念され、きょうはJR西日本の大型増資発表が大きく嫌気されるなか、同社株だけでなくJRグループをはじめ電鉄株全般への売りが目立った。きょうはTOPIXもプラス圏で引けているが、値下がり銘柄数が1200近くに達し、値上がり銘柄数を上回った。

個別では、売買代金トップのレーザーテック<6920>が大幅高、東京エレクトロン<8035>、ルネサスエレクトロニクス<6723>など半導体関連が高い。任天堂<7974>が買われたほか、ソニーグループ<6758>、村田製作所<6981>なども堅調だった。三菱ガス化学<4182>が活況高。東京機械製作所<6335>、明和産業<8103>がいずれも連日のストップ高となり、丸文<7537>値を飛ばした。デサント<8114>、コーア商事ホールディングス<9273>なども上昇した。

半面、JR西日本<9021>が急落、JR東日本<9020>も大幅安となった。エイチ・アイ・エス<9603>の下げも目立つ。宮越ホールディングス<6620>が急落し値下がり率トップとなった。クロス・マーケティンググループ<3675>も大きく利食われた。日本製鉄<5401>など鉄鋼株が利食われ、日本航空<9201>、ANAホールディングス<9202>も軟調。

出所:MINKABU PRESS

概算、代金、平均、日比、日続伸、前営業、売買高、億円、銘柄数、東証

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です