電波入札、総務省の若手職員提言、検討へ

記者会見する武田総務相(中央)と若手職員ら=3日、総務省記者会見する武田総務相(中央)と若手職員ら=3日、総務省

 総務省は3日、若手職員のチームがまとめた情報通信行政の改革提言書を公表した。携帯電話の電波割り当てで透明性や経済的価値を高めることが重要として、オークション(入札)方式の長所を取り入れ、効果を検証するよう求めた。

 武田良太総務相は3日の記者会見で、省内に提言内容の具体化を検討する専門部署を設けたことを明らかにし「改革を強力に推進する」と表明した。

 提言をまとめた情報通信政策課の西潟暢央企画官は電波割り当ての入札方式について、海外では電波の活用を促したり、価格高騰を抑えたりする仕組みがあると説明し「洗い出して検討することは良いことではないか」と述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です