東京株式(大引け)=173円安、利益確定の売りで9日ぶり反落

9日の東京株式市場は利益確定の売りが出て日経平均は反落となった。後場は3万円台を下回って推移する時間が長かったが、引け際に下げ幅を縮小し大台を維持して着地した。

大引けの日経平均株価は前営業日比173円02銭安の3万8円19銭と9日ぶり反落。東証1部の売買高概算は12億6035万株、売買代金概算は3兆761億円。値上がり銘柄数は706、対して値下がり銘柄数は1363、変わらずは120銘柄だった。

きょうの東京市場は朝方から売り優勢の展開。日経平均は前日まで8営業日で2500円以上の上昇をみせていたこともあり、その反動が出た。前日の欧米株市場が総じて軟調な動きで、米国株市場では新型コロナウイルス感染再拡大の影響で景気回復ペースが鈍化するとの警戒感に加え、FRBによるテーパリング前倒しを意識した売りで主要3指数ともに軟調だった。香港株市場が軟調に推移したことが買いを手控えさせたほか、あすのメジャーSQ算出を控え、買い戻しが一巡したとの思惑も上値を重くした。一方、新政権による経済対策への期待感などを背景に下値では押し目買いが入り、下げ幅も限定的なものにとどまった。もっとも業種別では電力株が一極集中的に買われたものの、33業種中で値上がりはわずか4業種にとどまっている。

個別では、売買代金トップのソフトバンクグループ<9984>が軟調だったほか、レーザーテック<6920>も大幅安に売られた。任天堂<7974>が値を下げ、ファーストリテイリング<9983>も安い。塩野義製薬<4507>も利食われる展開となった。GMOグローバルサイン・ホールディングス<3788>が急落、ヤクルト本社<2267>も大きく値を下げた。日本ペイントホールディングス<4612>、ブイキューブ<3681>なども下落した。

半面、東京電力ホールディングス<9501>が大幅高に買われ、東京エレクトロン<8035>もしっかり。レノバ<9519>が上値指向となり、三菱商事<8058>も終始買いが優勢、ベイカレント・コンサルティング<6532>も高い。ミライアル<4238>が値上がり率トップに買われ、東京機械製作所<6335>は4日連続のストップ高、ラクス<3923>、アイモバイル<6535>も値を飛ばした。

出所:MINKABU PRESS

概算、代金、平均、日比、売買高、前営業、東証、銘柄数、億円、銘柄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です