配達|日再開、津別・道の駅、期間限定カボチャ味も

[PR]

 【津別】道の駅あいおいを運営する相生振興公社は9日から、名物お焼き「クマヤキ」の配達を再開する。新型コロナウイルスの影響で道の駅の利用者が減っていることもあり、来年3月末まで続ける。

 クマヤキの配達は、昨年11月末から専用車の「クマヤキ号」で初めて実施。当初は今年3月末までの予定だったが、好評だったため6月末まで延長した。津別や美幌、北見を走る赤と黄色のクマヤキ号の姿はおなじみとなり、得意先の高齢者施設などから再開を望む声が上がったという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です