日航|千億円調達、航空機購入、財務強化へ

 日本航空は10日、3千億円規模の資金調達を9月から実施すると正式発表した。一部が自己資本とみなされる「劣後ローン」が最大2千億円、社債の一種である「劣後債」の発行が約1千億円となる。新型コロナウイルス流行の長期化で厳しい経営が続く中、手元資金を増やして財務基盤を強化するとともに、航空機の購入など成長投資に充てる。

 劣後ローンは、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行の3メガバンクと日本政策投資銀行から借り入れる。劣後債は公募で発行する。調達した資金で、従来の航空機より環境性能が高い新型機エアバスA350の導入などを進める。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です