東京株式(大引け)=373円高と急反発、買い意欲強く年初来高値に接近

10日の東京株式市場で日経平均株価は急反発。前日は9日ぶりに下落したが、この日は再び買い姿勢が強まった。

大引けの日経平均株価は前日比373円65銭高の3万381円84銭。東証1部の売買高概算は14億8600万株。売買代金概算は3兆9283億円となった。値上がり銘柄数は1923と全体の約88%、値下がり銘柄数は222、変わらずは44銘柄だった。

前日の米株式市場では、NYダウが米景気の先行きを警戒する売りに押され151ドル安となった。ただ、東京市場は買い意欲が強く、日経平均株価は反発した。先物のSQ(特別清算指数)に絡む買いも流入した様子だ。日経平均株価は2月16日の年初来高値(3万467円)を視野に入れる展開となり、高値引けで取引を終えた。TOPIXは年初来高値を更新した。半導体関連株が高く、化学、建設、海運など景気敏感株が上昇した。

個別銘柄では、ソフトバンクグループ<9984>やファーストリテイリング<9983>、ソニーグループ<6758>が高く、レーザーテック<6920>や東京エレクトロン<8035>、アドバンテスト<6857>が値を上げた。日本郵船<9101>や商船三井<9104>など海運株もしっかり。レノバ<9519>が大幅高となり、HENNGE<4475>やスノーピーク<7816>が急伸した。SBIホールディングス<8473>からのTOB(株式公開買い付け)の実施発表で新生銀行<8303>でストップ高カイ気配。

半面、エーザイ<4523>や武田薬品工業<4502>、中外製薬<4519>が安く、京セラ<6971>やコマツ<6301>が値を下げた。東京電力ホールディングス<9501>や中国電力<9504>が値を下げた。ネクソン<3659>やZホールディングス<4689>が下落した。

出所:MINKABU PRESS

概算、代金、平均、日比、東証、銘柄、億円、銘柄数、売買高

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です