アジア株 まちまち、上海株は反落

東京時間18:02現在
香港ハンセン指数 25502.23(-311.58 -1.21%)
中国上海総合指数 3662.60(-52.77 -1.42%)
台湾加権指数 17434.90(-11.41 -0.07%)
韓国総合株価指数 3148.83(+20.97 +0.67%)
豪ASX200指数 7437.30(+12.09 +0.16%)
インドSENSEX30種 58279.39(+101.63 +0.17%)

14日のアジア株は、まちまち。上海株は反落。前日に約6年1か月ぶりの高値を付けたことで、利益確定の売りに押された。香港株は続落。依然として中国当局の規制強化への警戒感が根強く、売り優勢の展開となった。ネット関連株などの下げが目立った。

上海総合指数は反落。保険大手の中国人寿保険、銀行大手の中国工商銀行、電力会社の華電国際電力(フアデンパワー)、不動産会社の保利置業集団、不動産開発会社の緑地控股が売られた。

香港ハンセン指数は続落。電子商取引大手のアリババ・グループ・ホールディング、オンライン生活関連サービス企業のメイトゥアン、インターネット関連サービスの騰訊控股(テンセント・ホールディングス)、スポーツ用品メーカーの李寧(リー・ニン)、不動産開発の碧桂園控股(カントリー・ガーデン・ホールディングス)が売られた。

豪ASX200指数は小幅続伸。石油・ガス会社のウッドサイド・ペトロリアム、石油・ガス会社のサントス、エネルギー会社のAGLエナジーが買われる一方で、物流サービスのブランブルズ、シドニー国際空港の運営会社のシドニー・エアポートが売られた。

出所:MINKABU PRESS
香港、前日、警戒、当局、上海、中国、依然、利益、展開、関連株

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です