東京株式(寄り付き)=反発して始まる、米株高に追随し買い先行

16日の東京株式市場は買い先行、寄り付きの日経平均株価は前営業日比94高の3万606円と反発。

前日の米国株市場ではNYダウ、ナスダック総合指数、S&P500指数の主要3指数が揃って上昇した。NY連銀製造業景況指数が事前の市場予測を大きく上回る改善傾向を示したことから、景気敏感株中心に幅広く買い戻される展開となっており、東京市場もこれに追随する形となっている。ただ、日経平均は前日こそ安かったものの8月末以降の短期急騰の反動から上値は重い可能性も指摘されている。来週のFOMCの結果に関心が集まるなか、足もとでは積極的に買いポジションを高める動きは見込みづらく、3万円台半ばは強弱観が対立しやすい。

出所:MINKABU PRESS

指数、前日、指摘、上回、月末、事前、追随、可能性、敏感、改善

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です