旭川|西武跡、ツルハビル部分開業 市、子育て支援施設検討

 旭川市の旧西武旭川店A舘跡地で23日に一部開業した複合商業施設「ツルハ旭川中央ビル」は、共に旭川創業のツルハドラッグと壺屋総本店が1階に入居した。いずれも幅広い年代の関心を引く品ぞろえで、市民や観光客でにぎわうことが期待される。一方、市はこの日、2階に子育て支援施設の整備を検討していることを明らかにした。 ツルハドラッグや壺屋総本店の「ときの杜」が開業したツルハ旭川中央ビル(宮永春希撮影) ツルハドラッグや壺屋総本店の「ときの杜」が開業したツルハ旭川中央ビル(宮永春希撮影)

 ビルを建設したドラッグストア大手ツルハホールディングス(HD、札幌)の子会社ツルハ(札幌)によると、ツルハドラッグは旭川市内に41店舗目。日用品の他、観光客向けの美容用品や飲料、地元住民をターゲットにした生鮮食品などをそろえた。

【関連記事】ツルハ旭川中央ビルが部分開業 西武旭川店A館跡地に建設

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です