行列|市民、市内で販売開始 消費拡大に期待

おびひろプレミアム商品券を購入する市民が並んだ藤丸の特設会場おびひろプレミアム商品券を購入する市民が並んだ藤丸の特設会場

 帯広市が発行する「おびひろプレミアム商品券」の販売が始まり、初の週末となった25日は窓口に行列ができた。新型コロナウイルスの影響で景気は低迷しており、市内経済界は消費拡大を期待している。

 商品券の販売は24日から始まった。割増率20%の全店共通券と、同40%の飲食店専用券の2種類があり、飲食店377店を含む市内計1450店で12月31日まで使える。購入希望者が多かったため、1人当たりの購入を制限した。申し込みはすでに終わっている。9月30日まで販売する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です