投信・基準価額騰落率ランキング 9月第4週(9月21日~9月24日)

9月第4週の上昇ランキング上位ファンドは、旅行関連企業や中国ヘルスケア関連企業など、より投資対象を限定したテーマ型ファンドとなりました。

下落ランキング上位ファンドの基準価額下落の主な要因は分配金です。「朝日ライフSRI社会貢献ファンド(あすのはね)」は1100円、「ダイワ・オーストラリア高配当株ファンド」は1000円、「ダイワ米国バイバック・ファンド(為替ヘッジあり)」は1300円を期中に分配をしています。

○上昇ランキング(ブル・ベア型ファンド除く)
1位 +6.18% 世界ツーリズム株式ファンド(世界の旅)
運用会社:キャピタル アセットマネジメント

2位 +3.47% ダイワ/バリュー・パートナーズ チャイナ・ヘルスケア・フォーカス
運用会社:大和アセットマネジメント

3位 +3.30% LM・豪州インカム資産ファンド(年2回決算型)
運用会社:フランクリン・テンプルトン・ジャパン

○下落ランキング(ブル・ベア型ファンド除く)
1位 -10.57% 朝日ライフSRI社会貢献ファンド(あすのはね)
運用会社:三井住友DSアセットマネジメント

2位 -10.11% ダイワ・オーストラリア高配当株ファンド
運用会社:三菱UFJ国際投信

3位 -10.03% ダイワ米国バイバック・ファンド(為替ヘッジあり)
運用会社:大和アセットマネジメント

朝日、下落、分配、要因、上位、期中、社会、米国、基準価額、為替

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です