日経平均は85円安、パウエル議長の議会証言にも関心

日経平均は85円安(14時20分現在)。日経平均寄与度では、エムスリー<2413>、アドバンテスト<6857>、東エレク<8035>などがマイナスス寄与上位となっており、一方、ソフトバンクG<9984>、エーザイ<4523>、オムロン<6645>などがマイナス寄与上位となっている。セクターでは、海運業、精密機器、空運業、その他製品、サービス業が値下がり率上位、鉱業、銀行業、石油石炭製品、繊維製品、輸送用機器が値上がり率上位となっている。

日経平均はマイナス圏でやや方向感を欠く動きとなっている。今晩は米国で、9月の米消費者信頼感指数が発表され、また、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の米上院銀行委員会での証言が予定されている。

《FA》

提供:フィスコ
上院、方向感、理事会、平均、指数、米消費者信頼感、今晩、発表、米国、議長

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です