東証マザーズ(前引け)=マザーズ指数は4日ぶり反発、インバウT、和心がS高

30日前引けの東証マザーズ指数は前日比1.57ポイント高の1122.01ポイントと4日ぶり反発。値上がり銘柄数は132、値下がり銘柄数は233となった。

個別ではインバウンドテック<7031>、和心<9271>がストップ高。MRT<6034>は一時ストップ高と値を飛ばした。GMOフィナンシャルゲート<4051>、セーフィー<4375>、スペースマーケット<4487>、アドベンチャー<6030>、旅工房<6548>など8銘柄は年初来高値を更新。HANATOUR JAPAN<6561>、ベルトラ<7048>、クックビズ<6558>、アールプランナー<2983>、トゥエンティーフォーセブン<7074>は値上がり率上位に買われた。

一方、クリーマ<4017>、ジーネクスト<4179>、コアコンセプト・テクノロジー<4371>、バンク・オブ・イノベーション<4393>、カオナビ<4435>など8銘柄が年初来安値を更新。ジィ・シィ企画<4073>、グローバルウェイ<3936>、フォースタートアップス<7089>、デジタリフト<9244>、プロジェクトカンパニー<9246>は値下がり率上位に売られた。

工房、上位、年初、更新、MRT、gt、個別、lt、GMO、HANATOUR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です